PwnageTool 4.3でiOS 4.3.1を脱獄

iPod touch 4GでiOS4.3.1をCFW作ってみたので解説します


Dev-Team Blog – Three years of pwnage(tool)

PwnageToolはリンク先下部のトレントか非公式ミラー(Unofficial Mirrors)よりダウンロードして下さい

PwnageTool 4.3が対応するデバイス

・iPhone3GS
・iPhone4 (GSM)
・iPod touch 3G
・iPod touch 4G
・iPad1
・AppleTV 2G (PwnageTool only for now)

準備

.ipswファームウェアファイルを準備する

iPod, iPhone and iPad Firmware Download

ローカルに残ってるものでもいいです

Windows XP
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Apple Computer\iTunes\(iPhone or iPod)Software Updates

Windows7,Vista
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\(iPhone or iPod) Software Updates\

Mac OS X
ライブラリ/iTunes/(iPhone or iPod) Software Updates/

ファイル名は
iPhone 3GS
4.3.1 – iPhone1,2_4.3.1_8A293_Restore.ipsw

iPhone 4
4.3.1 – iPhone3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw

iPod touch 3G
4.3.1 – iPod3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw

iPod touch 4G
4.3.1 – iPod4,1_4.3.1_8G4_Restore

iPad
4.3.1 – iPad1,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw

Apple TV2
4.3 – AppleTV2,1_4.3_8F191m_Restore.ipsw

カスタムファームウェアの作成(touch 4Gの場合)

PwnageToolを起動する

アインシュタインのExpert modeをクリックしtouch4Gを選び次へ

Browse for IPSWをダブルクリックしIPSWを選ぶ

Generalをクリックし矢印押して次へ

ルートパーティションのサイズを決め次へ

今回は1000MBにしました

初めから組み込んでおきたいdebなどを設定し次へ


そしてBuildを選択し矢印押してCFWを作成


途中でパスワードを聞かれるので入力

カスタムファームウェアでの復元

カスタムファームウェアの作成が終わるとPwned DFUにするための画面になるので
指示通りDFUに入っていきます

DFUモード(touchの画面は真っ暗)になったらiTunesでシフトキー押しながら復元ボタンを押し
先ほど作成したカスタムファームウェアを選んで復元で完了です

Share